マンションでのご近所挨拶

一軒家に引っ越した場合は、隣近所に挨拶にいきますよね。隣やご近所の方は、ゴミ捨てのタイミングや出勤時に玄関前などでお会いすることがあるので、こういう人が住んでいるんだなとわかってもらう意味でも大事なことです。マンションの場合はどうでしょう?マンションでは目に見える範囲だけにとどまらず、上下の階の方にも忘れずにご挨拶にいきましょう。自分の部屋の真上、真下だけでOKです。上下では床・天井という仕切りで区切られているものの、物音が完全に聞こえない環境というのはなかなか難しいものです。すごく気をつけていても、何らかの拍子に大きな音を立ててしまうこともあるかもしれません。そういったとき、ちょっとでもお話したことある人であれば、許せることもあります。忘れずに、最初の1歩を大事にしましょう。

引越しをした時の挨拶について

マンションに引っ越した場合、挨拶に行くことをおすすめします。なぜならば、その後の生活において、さまざまなメリットがあるからです。代表するものとして、日本において重要なのが、災害時です。大きな災害時には、近隣に住む人との連携が大切になってきます。最悪、携帯や電話などが止まってしまった場合には、特にその大事さが身にしみることでしょう。住んでいるマンションの避難地区や、配給場所などは、多くの人と共有し合ったほうが良いです。子どもが多い家庭や、高齢者の家庭は特にそうです。そのような家庭を援助するためにも、挨拶は必要なのです。

↑PAGE TOP